AIで
写真を線画に
変換しよう!

線画がサクサクGETできる
Line Drawerとは?

Line Drawer(線画化AI)とは、写真を線画化することができるAIです。
写真をトレースして線画を起こす作業は大変な作業です。
Line Drawerは、写真をアップロードするだけでAIが高速に写真を線画化します。
デザインや漫画の背景に利用しやすいような線画になるように学習しているので、
ダウンロードしてすぐに使うことができる線画をGETできます。

漫画の背景やデザイン向けの線画化ができる

漫画やデザインのベースになる線画だけでなく

モノクロの影付きの背景、

スクリーントーンを付けた背景、

ウェブトゥーンなどで使えるカラー背景も生成

漫画やデザインのベースになる線画だけでなく

モノクロの影付きの背景、

スクリーントーンを付けた背景、

ウェブトゥーンなどで使えるカラー背景も生成

9種類の線画をすべて提供します

Line Drawerでは、1枚の写真を元に4種類のプレーンな線画、2種類のモノクロ影付き線画、2種類の色付き線画、スクリーントーン付き線画の合計9種類を一度に生成します。一回の処理で、複数種類のアウトプットをまとめて提供することで、漫画だけでなくウェブトゥーンやデザイン等、さまざまな用途に応えられるようにしております。

生成される線画の仕様

線画の種類 :

9種類の線画と3種類の加工用データ

解像度 :

長辺が2000pxになるように出力されます。入力するファイルの解像度が低すぎると精度が下がる傾向にあるので、640px以上を目安にアップロードしてください。

ファイル形式:

JPG, JPEG, JPE, PNG, WEBP, BMP

アスペクト比:

入力画像と同じアスペクト比で出力されます

Line Drawerを支える技術

Line Drawer はDeep Learning(ディープ・ラーニング)を用いることで写真を線画に変換できるAIです。写真と線画の両方をデータとしてAIに与えることで、写真から線画に至る変化を学習しました。特に、漫画やアニメ・デザインのシーンで利用することを想定したデータセットを用いています。これによって、未知の画像であっても漫画やアニメ・デザイン等で利用しやすい線画に変換することが可能になりました。

利用方法はとても簡単

写真をアップロード

線画化したい写真を、本ページにあるファイル選択領域にドラッグ・アンド・ドロップ、またはファイル選択をしてアップロードしてください。

線画の確認

1分ほどお待ちいただくと、9つのパターンで線画が生成されます。生成された画像はクリックすると大きな画像でご確認いただけます。

線画をGET!

生成された線画をご確認いただき問題なければダウンロードボタンを押してください。すぐにダウンロードが開始されて、AIによって生成された線画をGETすることができます。

PRICE

写真を線画に変換してクオリティを確認するところまでは無料でご利用いただけます。 線画に変換した画像にはウォーターマーク(透かし)が入っているので、ウォーターマークが入っていない線画をダウンロードする場合、エントリープランの場合は480円、その他のプランの場合は10クレジットが必要となります。

エントリープラン

月額利用料無料

線画 9 種類480

ライトプラン

月額利用料4,800円/月

線画 9 種類10 クレジット

(実質240円)

メガプラン

月額利用料80,000円/月

線画 9 種類10 クレジット

(実質80円)

生成される線画の仕様

線画の種類 :

9種類の線画と3種類の加工用データ

解像度 :

長辺が2000pxになるように出力されます。入力するファイルの解像度が低すぎると精度が下がる傾向にあるので、640px以上を目安にアップロードしてください。

ファイル形式:

JPG, JPEG, JPE, PNG, WEBP, BMP

アスペクト比:

入力画像と同じアスペクト比で出力されます

cre8tiveAI
Line Drawer API

APIを使って各種システムとの連携を行うことが可能です

cre8tiveAI Line Drawer APIを利用すれば、貴方のサービスに世界最高精度の写真線画化のシステムを取り入れることができます。APIの導入は、どのようなサービスを実現したいのかや連携するシステムの仕様等によって諸条件が変わりますので、以下からお問い合わせください。

線画化リクエスト

線画の送付

様々な企業サービス

線画化リクエスト

線画の送付

様々な企業サービス

APIについて問い合わせる